窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、セメント質と繊維質を主な原料とし、板状に形成したもの。
硬質で密度が高いため、耐震性・耐火性・遮音性に優れているばかりか、デザイン・カラーバリエーションも豊富なため、サイディングの中でも最も高いシェアを誇ります。

中にはリアルなレンガ造りに似せたものもあるため、低コストながらデザイン性の高い外壁にしたい方にオススメです。
また、最近では汚れにくく、メンテナンスを楽にしたタイプも登場しております。

現在の新築戸建住宅では、10棟中7棟がこの窯業系サイディングと言われています。

窯業系サイディングの特徴

□ 地震に強い
□ 防耐火性に優れている
□ 遮音性が高い
□ デザイン・カラーバリエーションが豊富である
□ 住宅の耐久性向上のための通気構法が可能
□ リフォーム性に優れている

メンテナンスについて

表面の塗り替えとシーリングの打ち替えを行う必要があります。
メーカーやグレードにもよりますが、およそ10年に一度の頻度でメンテナンスを行いましょう!
シーリング工事についてはこちら≫

一覧ページに戻る