サイディングの魅力

サイディングとは、セメント質と繊維質を主原料とした、板状の外壁材です。
種類によっては、金属系や木質系、樹脂系などで構成されたものもあります。

施工方法としては、建物の骨格に合わせてサイディングボートを貼り付けていくという具合です。
そして貼り付けたサイディングボードをシーリング材で繋ぎ、目地から水分が浸入しないようにいたします。

このサイディングですが、現在日本の新築戸建て住宅の外壁材として、約7割以上のシェアを誇る人気があります。
施工性が高く、工場生産による均一な仕上がりから、急速にシェアを伸ばしているのです。

外壁にはタイルやレンガ、モルタル、セラミックなど…様々な種類が存在しており、それぞれに異なる魅力があります。
そんな外壁の中でも、近年人気を集めているのがサイディングです。

いくつかの種類があるサイディングですが、その中でも代表的なものが窯業系と金属系です。

窯業系サイディング≫
金属系サイディング≫

人気の理由として第一に挙げられるのが、何といってもバリエーションの豊富さでしょう。
デザインやカラー、質感など、ご自身の好みに合わせて選ぶことができるため、外観に個性を表現することが可能です。

そしてサイディングは工場で生産されるため、品質にバラつきがありません。
塗装工事であれば、職人の腕によって精度にバラつきが出ますが、サイディングではそれが無いのです。

加えて耐火性・耐久性に優れているため、もはや文句のつけようがありません。
サイディングはどのような建物にも合わせることができる、魅力的な外壁材なのです。

また、最近では”シーリングレス工法”という施工が確立されています。
シーリングによる美観への影響がありませんので、より住まいをキレイに見せたい方にオススメ。
この工法はまだ全国でも数十棟ほどしか施工されていない最新の施工方法ですが、当社では既に施工経験がございます。
もちろんシーリングレス工法のご依頼も承りますので、気になる方はぜひご相談ください。